竿燈人形

竿燈(かんとう)は毎年8月3日〜6日に秋田市で行われています。
竿燈全体を稲穂に、連なる提灯を米俵に見立てていて、米どころ秋田の米の豊作を祈るための祭りです。 額・腰・肩などにのせて演技をします。大人のもつ竿燈を大若、子供の持つ竿燈を小若といっています。 大若(おおわか)は提灯が46個、重さが約50kgもあります。重要無形民俗文化財に指定されています。

夜空に浮かぶ稲穂のような竿燈は、とても美しいです。 竿燈を自在に操る技も、とても見事ですよ。
青森のねぶた祭り、山形の花笠まつり、仙台の七夕まつりと並んで東北四大祭りの一つとして有名ですね。

八橋人形

Copyright (C) 2007 土人形のぬくもりが心を癒す八橋人形 秋田の郷土玩具. All Rights Reserved.