まなぐ凧

湯沢市に伝わるまなぐ凧です。
「まなぐ」とは、秋田弁で、「まなこ」「目玉」のことをいいます。 墨一色で描く大きな「まなぐ」が、特徴のまなぐ凧です。

秋田県には、能代市に伝わる能代凧、別名「べらぼう凧」という凧もあります。 アカンベーをしたユニークな絵柄と華やかな色彩の武者絵や歌舞伎絵で親しまれています。

このまなぐ凧は、息子が生まれたときに買いました。 22年前に作られた「まなぐ凧」です。 子供たちが幼い頃は、この凧や自作の凧を飛ばして遊んでました。
和紙で作られたまなぐ凧が、思えば22年も保っていることがすごいですよね。 今では大切にしまい、お正月の飾り物として重宝しています。 大きな「まなぐ」で、厄払いをしてくれることを祈って。

八橋人形

Copyright (C) 2007 土人形のぬくもりが心を癒す八橋人形 秋田の郷土玩具. All Rights Reserved.