八橋人形・道川工房

江戸時代より続く八橋人形を一人で守られて、作り続けられている道川さんの工房が、日吉八幡神社のそばにあります。
道川さんのお話を聞くことができました。やっと、後継者が現れて、修行に通われているそうです。 守り続けてくれる人が現れて、本当にうれしい限りです。



道川さんです。道川さんのお話によると、私のお雛様が作られていた50年前は、八橋人形を作っているお店が3件あったそうです。 それぞれ、顔立ち等、違いがあったということです。



八橋人形は、人形の前と後の型に入れて外し、前後をくっつけて、天日干しにするそうです。それを窯に入れて焼き、絵付けをするということです。 絵付け前の人形の形です。
八橋人形は、全国に根強いファンがいて、全国からの注文が相次いでいるそうです。 お店に並んでいる八橋人形も、注文制作のもので、すぐには手に入らないようです。道川さんお一人の制作ですから、当然ですよね。
私も、春から作製するという天神人形を注文してきましたが、再来年になるかもと言われてきました。



八橋人形

Copyright (C) 2007 土人形のぬくもりが心を癒す八橋人形 秋田の郷土玩具. All Rights Reserved.